「ほっ」と。キャンペーン

煩悩

~昨日書いたNHKの番組『ブッダ 真理のことば』より~

前回のテーマは『うらみから離れる』でした。

うらみとは煩悩の一つで、私たちは生まれた時から心の中に煩悩を持っています。
煩悩とはうらみや執着、傲慢なども含まれますが、
もちろんブッダも煩悩を持っていて、それを消す努力を続けました。
そして、煩悩にはそのおおもととなるものがある事に気づいたのです。

それが『無明(むみょう)』です。

無明とはこの世のありさまを正しく見る事が出来ない事をいうそうです。

例えば、
友達とささいな事でケンカ → ささいな事なんだからすぐ仲直りするはず
 
ところが私たちは勝手にいろんな事を考え出し、「彼女ホントは前から私の事が嫌いだったんじゃないかしら?」と、思ったりしてしまいます。そうすると相手のちょっとした事が気になり出し、最初はつまらない事だったのに、うらみが増幅し、憎しみへとつながっていきます。
本来ならどうって事ない状態が、自分が勝手に物事をねじまげて考え、その結果苦しみにつながっていく。

まさに自分自身で作っている『人工的な不幸』と言ってました。

でもそれは、人間だったら当然あることで、自分の中に無明があると気付く事が大切なんだそうです。
そして自覚出来ない人は、自分の考えが一番正しいと思っていますから、
そういう人が一番愚かだと言ってました。

う~頭が痛い。。。emoticon-0156-rain.gif
きっと皆さんにも心当たりがあるはず。

「私の上司は私が嫌いだから、私に嫌な仕事ばっかりおしつけるんだ」とか、
「最近彼氏の態度が冷たいのは、私の他に気になる女性ができたんだ」など、

自分で勝手に物事を判断して、苦しみをつくるなという事ですね。

気をつけたいと思いますemoticon-0128-hi.gif
[PR]

by flarla | 2011-09-16 18:41