「ほっ」と。キャンペーン

お引っ越しします

ご訪問ありがとうございます。

新月の今日からFC2さんのブログにお引っ越しします。

もうちょっとまめに更新しようかな・・・と思いまして(思ってるだけ)。

こちらへもどうぞご訪問下さい。→ふらーらハッピーヨガ日記
今度ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]

# by flarla | 2011-09-27 23:19

執着

     【ヨガ教室ご案内】→ 詳細はこちら
難波市民学習センター      月曜日19:00~20:30
みゆきコミュニティセンター     火曜日19:30~21:00   木曜日9:30~10:30/10:45~11:45
城北市民学習センター      土曜日9:45~10:45 / 11:00~12:00

   ★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

NHKの番組『ブッダ 真理のことば』シリーズです。
前回のテーマは『執着』でした。
ヨガでよくいう「執着をたちきれ~!!」ってやつですね。

世の中の全てのものは移り変わります。いつまでも続かないものに、いつまでも続いてほしいと願う事が執着で、現実との間にギャップが生じ、それが苦しみのもとになるのだとか。

例えば、「いつまでも若く美しく」と望む『美』に執着する女性達。
美しさを保つため湯水のようにお金を使いますが、年には勝てず、遅らせる事は出来ても結局肉体は衰えます。
「もっと高い化粧品を使ったらきっと。。。」
「あの美容器具を使ったらもっと。。。」
きりがありません。
自分の理想としていた『美』からかけはなれていくに従い、理想と現実とのギャップに苦しみが生じるということ。

自分の「財産」「会社」「子供」「恋人の自分に対する愛情」・・・どれも永遠不変のものはありません。

執着は、ある事にとらわれるあまり自分の人生を縛りつけてしまい、執着することで選択肢を失い、自分で自分を追い詰めてしまうとのことです。

ブッダのいう執着を失くす方法は、、、
長くなるのでまた次回書きます。

さぁ寝る前にいつもやってる、ローラーで顔面コロコロしてリフトアップしなくっちゃemoticon-0155-flower.gif
あ~~~いい話聞いても『美』に対する執着は断ち切れそうにないわemoticon-0113-sleepy.gif
[PR]

# by flarla | 2011-09-24 23:13

病気

e0129455_10212396.jpg

今週手術を受けられた方がいます。
辛い病気です。

自分の生活の不摂生でなったのなら、仕方がありません。
まさしく”自業自得”ってやつですから、同情の余地はありません。

でもそうでなければ、受け入れるのは難しいと思います。

生きていると山あり谷あり、、、

その方は人生の大きな大きな山場を迎えているのは間違いないです。
でも手術が出来るという事は、それだけの体力があり、また治る見込みがあるからのはず。

あきらめたらそこで終わります。

ヨーガ療法学会でも医師の方々が言われてました。

「病に打ち勝つには、その病に対する恐怖心を失くすこと」
なんだそうです。
恐怖心がある限り、心の中は常に病気に対して攻撃的になってしまいます。
それが一番いけない。
恐怖心=攻撃的=ストレスですから。

どんな病気に対してもいえることですが、
どれだけ闘病生活が辛くても
「まぁ生きてるからいいや」
と思えるほどの楽観さは常に必要なのだそうです。

そして人間が一番力を発揮できるのは、誰かののために何かをしている時だって聞いた事があります。

子供が重いタンスの下敷きになったりしたら、お母さんは普段の力では絶対持ち上げられないタンスをありえない力で持ち上げる、火事場の馬鹿力です。

自分には生きる目的がある、守るべき家族がいる事を強く思ってほしいです。
[PR]

# by flarla | 2011-09-23 10:31

宇宙の渚

またもやNHKさんで素敵な番組やってました。

『宇宙の渚』
国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の古川聡さんが、
NHKさん開発の超高感度カメラを使って、宇宙から見た地球の夜景やオーロラなど
世界映像をLIVEで届けてくれました。

超感動~emoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif

ヨガでは私達の身体は『小宇宙』、すなわち大宇宙の一部と見ています。
無限の大宇宙、私達の可能性も無限です。

どうしてもヨガ目線で見てしまう私にとって、ホント神秘的な世界emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif

今まで宇宙飛行士しか見ることのできなかった絶景です。
見逃した方はこちらからご覧になれます→『宇宙の渚』

私たちは日々悩みます。
気が付いたらもうこんな年齢に、、、
もっとお金があったら、、、
もっと健康だったら、、、
夫にもう少し理解があれば、、、

宇宙規模で考えると、私たちが生きてる時間(寿命)というのはあっという間です。

悩んでる暇はありません。

宇宙から私たちが住んでる地球の映像見て、感動して、無限の力感じたら、
残された時間、常に前向いて進みましょうemoticon-0169-dance.gif
[PR]

# by flarla | 2011-09-19 21:32

煩悩

~昨日書いたNHKの番組『ブッダ 真理のことば』より~

前回のテーマは『うらみから離れる』でした。

うらみとは煩悩の一つで、私たちは生まれた時から心の中に煩悩を持っています。
煩悩とはうらみや執着、傲慢なども含まれますが、
もちろんブッダも煩悩を持っていて、それを消す努力を続けました。
そして、煩悩にはそのおおもととなるものがある事に気づいたのです。

それが『無明(むみょう)』です。

無明とはこの世のありさまを正しく見る事が出来ない事をいうそうです。

例えば、
友達とささいな事でケンカ → ささいな事なんだからすぐ仲直りするはず
 
ところが私たちは勝手にいろんな事を考え出し、「彼女ホントは前から私の事が嫌いだったんじゃないかしら?」と、思ったりしてしまいます。そうすると相手のちょっとした事が気になり出し、最初はつまらない事だったのに、うらみが増幅し、憎しみへとつながっていきます。
本来ならどうって事ない状態が、自分が勝手に物事をねじまげて考え、その結果苦しみにつながっていく。

まさに自分自身で作っている『人工的な不幸』と言ってました。

でもそれは、人間だったら当然あることで、自分の中に無明があると気付く事が大切なんだそうです。
そして自覚出来ない人は、自分の考えが一番正しいと思っていますから、
そういう人が一番愚かだと言ってました。

う~頭が痛い。。。emoticon-0156-rain.gif
きっと皆さんにも心当たりがあるはず。

「私の上司は私が嫌いだから、私に嫌な仕事ばっかりおしつけるんだ」とか、
「最近彼氏の態度が冷たいのは、私の他に気になる女性ができたんだ」など、

自分で勝手に物事を判断して、苦しみをつくるなという事ですね。

気をつけたいと思いますemoticon-0128-hi.gif
[PR]

# by flarla | 2011-09-16 18:41